記事一覧

優遇ロールの使い分けを考える(物理パーティ編)

特に関連性はないです


こんばんは!
画像に特に意味はない!

雑記が続いたので、コルセアについて個人的な見解をつらつら書こうかなーと思います。
あくまで個人的な見解なので参考程度に見ていただければと思います!

コルセアをこれから始める人向けの内容となっています~。

-------------------

今回のテーマは、「優遇ロール」について考察してみようと思います。
ここでいう優遇は、パーティやソロで出番の多いロールの総称とさせていただきます。
物理パーティで使用するロールをピックアップしています。

考察内容は
短評:
使う場面:
優先度:

で記載します。


◆カオスロール(攻撃力アップの効果)
短評:
前衛構成であれば間違いなくと言っていいほど求められるロールだと思います。
別の記事でも触れましたが、上昇量が割合での上昇なので、
装備事情がよくなればなるほど効果も大きくなるすぐれものです。

使う場面:
物理構成ではほとんど使用します。
攻防比の関係上、攻撃力ブースト(もしくは敵の防御力ダウン)が十分な場合は
その限りではありません。

優先度:高


◆サムライロール(ストアTPの効果)
短評:
個人的に一番のお気に入りです。
詳しい数値は検証がめんd・・・難しいのでしていませんが、TPの上昇速度が著しく上昇します。
それなりの二刀流ブースト+ヘイストII+サムライロールで一人連携もかなり安定するようになります。

使う場面:
物理構成およびソロ。
経験値がほしいときはコロール+サムライ でやっていました。

優先度:高


◆ハンターズロール(命中上昇の効果)
短評:
命中至上主義のFF11において、命中が上昇するものが弱いわけがないのです!
今さくっと確認したところ、
王将の首飾り 出目7 = およそ80ほど上昇していました。
出目が良ければ寿司一個食べると同等かそれ以上の効果を得られそうです。

使う場面:
必要命中が高い敵と対峙する場面や、
パーティメンバーに命中に不安がある方がいる際に使用することが多いです。
逆に、当然ですが命中が足りていれば使われることはないです。
事前にメンバーの命中事情について確認しておくといいでしょう。

優先度:中


◆ローグスロール(クリティカル率上昇の効果)
短評:
あまり求められませんが、状況次第で化ける可能性を秘めています。

使う場面:
なんといっても今ヴァナディールで最も?熱いWS、「シャンデュシニュ」と相性が抜群なのです。
目に見えてシャンデュのダメージが上昇する(機会が多くなる)ので、
青魔道士や殴り赤魔道士をメインとした構成の場合、
ヘイスト支援の状況次第ではサムライロールの代わりに回すことを考えてもいいかもしれません。

あとオーメンのサブお題、クリティカル回数時に使用するとあっというまに終わります。

優先度:中


◆ルーニストロール(魔法回避率上昇の効果)
短評:
ちょっと意外性を出してみようと思いピックアップしてみました。
意外と使うんですよ、オーメンとか。
魔法の被ダメージはもちろん、状態異常の回避にも効果があるので、
風水さんの魔命中ダウン、魔回避と合わせれば効果絶大です。

使う場面:
魔法攻撃が激しい場合に使用することが多いです。
状態異常回避などにも使用されます。

優先度:中


◆ファイターズロール(ダブルアタック確率上昇の効果)
短評:
最近はあまり求められなくなりましたが、効果は大きいです。
手数が増える=WSの回転率があがるので、サムライロールと合わせて使えば、
さらに連携が安定するようになると思います。カオスと合わせても効果が見込めそうです。
が、ダブルアタックという性質上、ランダム要素を捨てきれない点が、
あまり使われない理由かもしれません。

使う場面:
あまりないです。 が、強いのは間違いないと思います。

優先度:低




以上!いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば幸いです!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント